ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

MYCODEのDNA(遺伝子)検査で病気リスク・体質が分かりました!

 

 先月行ったDNA検査の結果が届きましたので、ご紹介させていただきます。

 DNA(遺伝子)検査は、がん・生活習慣病などかかりやすさ、肌質・肥満など体質の遺伝的傾向を知ることにより、生活習慣で気をつけなければならないことなどが分かるものです。

 以前から興味があったのですが、金額が高いことや信憑性がどうなのか疑問がありましたので、見送っていました。しかし、昨年、叔父が50代という若さで病気で亡くなったことや、もうすぐ40代になることを考えて、検査を行うことにしました。

 様々な会社が検査キットを販売していますが、私は、東京大学医科学研究所とDeNAが共同で進めた遺伝子検査サービスのMYCODEを購入しました。MYCODEにした理由は、日本人・アジア向けの検査ロジックを構築していること、最新の研究によって検査結果を更新する予定であることです。

 検査できる項目によりキットも複数種類があります。私は詳しく知りたかったため、3万円ほどしますが、280項目検査できるものにしました。

 検査は唾液を採取して送るだけですので簡単です。提出後3~4週間ほどで、結果をWEB上で確認できます。

 健康でいるために、まずは自分の体のことについてよく知っておくこと、そして、定期的な検査を行うこと、日常生活で食事・睡眠・ストレスに注意することが大事だと思います。

 現在の検査レベルで、どこまで信憑性があるかは、正直、半信半疑でしたが、今回の検査の結果は割と納得できるものでした。この結果を参考に普段の生活を気を付けていきたいと思います。 

 今後、DNA検査はもっと安く手軽になり、誰でも当たり前のように検査を受ける時代になると思いますので、参考にしていただければと思います。

 

 

 <購入した検査キット:MYCODEヘルスケア>

【商品説明】
がん・生活習慣病などの病気や肥満・肌質・男性型脱毛症等に関する全検査が入ったセットです。体質の遺伝的傾向を知ることにより、生活習慣で気をつけなければならないことなど、自分の体質に適したライフスタイルをおくるために役立つ情報を提供いたします。

 

<検査結果概要>

①病気の結果
 以下のように遺伝子型の発症リスクが日本人平均との比較で表示されます。以前、ストレスで胃をやられたことがありますので、胃がんは特に気を付けたいと思います。
 全部で150ほどの病気の発症リスクが分かりますが、聞いたことのない病名が沢山ありました。結果をしっかり読み解くには少し勉強が必要だと思います。

 【リスクが高かった病気】
 ・ウェゲナー肉芽腫(2.77倍)
 ・肺動脈性肺高血圧症(2.44倍)
 ・好酸球性食道炎(2.02倍)
 ・胃がん(噴門部胃がん)(1.98倍)

 【リスクが低かった病気】
 ・もやもや病(0.17倍)
 ・精巣がん(0.21倍)
 ・2型糖尿病(0.32倍)
 ・落屑緑内障(0.39倍)

 

②体質の結果
 「体格・発育」「髪・肌」「血液・代謝」「循環器」「栄養素」など全部で130もの項目の特徴が分かります。唾液を採取しただけですが、体重、髪質、鼻筋のとおりなど、見た目の特徴は殆ど合っていました。
 また、各項目ついて、同じ遺伝子型の方の割合がどれくらいいるかも分かります。私は以下の項目の割合が低かったので、これが特徴といえそうです。

・免疫反応に関連する物質(IgG)の値が高い(14.4%)
 
ウイルスや細菌などが体内に侵入した際、活動を止めるように働く抗体の数値です。確かに昔から風邪をひきにくく、殆ど寝込んだ記憶がありません。


・血中のマグネシウムの値が低い(3.3%)
 
不足すると骨粗しょう症や糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まり、皮膚や粘膜の炎症が現れたりするようです。今のところ自覚症状はありませんが、かなり低い体質のようですので意識して摂取しようと思います。


・角膜が薄い(4.3%)
 緑内障にかかりにくようです。。。

 

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング


サラリーマン投資家ランキング

?