ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等で40代半ばでのセミリタイアを実現し、5つの自由(時間的自由、経済的自由、行動の自由、居場所の自由、付き合う相手の自由)を得ることが目標です。

【不動産投資】買い付け申し込みした物件の結末

 

 

 

 1カ月ほど前に、8月中旬に買い付け申し込みをした物件について、中国籍の入居者の方の契約問題の対応を進めていることをご報告しました。

 その後、やっと結果の連絡がありましたのでご報告したいと思います。

 

www.bochibochiooya.jp

  

www.bochibochiooya.jp

 

 簡単におさらいしますと、本物件は中国籍のオーナーの方が所有しており、8人の入居者のうち3人が日本の方で管理会社の管理、5名の方がオーナーの知り合いなどの中国籍の方でオーナー管理になっていました。

 5名の中国籍の方は簡易な賃貸契約しか交わされておらず、連帯保証人なし・保証会社も通っていない状態でした。

 そのため、身分確認と合わせて、契約を結び直したうえ、保証会社への審査をお願いしたいと物件の販売会社に伝えていました。

 オーナーの方には、私の要望を了承していただき、約1カ月かけて、何とか身分証明の収集と契約書の結び直しをしていただきました。

 

 

 


 
 しかし、結果としては、契約書は全員分揃ったものの、身分証明については、期限が切れたパスポートしか所有していない方や、身分証明が何も出せない方など、かなり問題があることが分かりました。

 物件の販売会社の方からは、不法入国の状態になっている可能性がかなり高く、保証会社はまず通らないし、管理会社も管理を拒否すると思うので、止めたほうがいいですと言われてしまいました。

 そのため、今回は悔しいですが断念することになりました。。。

 名古屋市内の人気のある区にある物件で、土地も50坪あり資産価値が高い物件でしたので、非常に残念です。

 ですが、保証会社・連帯保証人なしの入居者が10室中5人もいるようなリスクはとても負えませんので、いたし方ないところです。(利回りが20~30%とかあるのであれば別ですが・・・)

 正直、このまま購入する方はいないと思いますので、販売会社(著名な某企業)には、もともとこの問題を整理してから販売に出して欲しかったと思います。

 

 でも新たな物件を購入することは諦めきれませんし、ますます購入意欲が沸いてきました。

 そこで、以前に信用金庫に融資の相談にいって玉砕した物件について、販売会社にまだ残っているか確認してみました。

 

www.bochibochiooya.jp

  

www.bochibochiooya.jp

 

 すると、まだ見事に売れ残っているとのことでした!!
 

 1号物件でお世話になっている信用金庫では、金額も融資期間もまったく希望に届きませんでしたが、今回、築古の木造アパ―トでも30年の融資が通った地方銀行であれば、可能性があるかもしれません。

 

www.bochibochiooya.jp

 


 購入希望者の状況についてヒアリングしたところ、医師の方で購入希望者がおり、これから融資の相談に行かれるとのことでしたので、私も急いで近日中に融資の相談に行きたいと思います。

 進捗がありましたらまたご報告させていただきます。

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

?