ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

サラリーマン生活20年の振り返り~たまには良かったことを思い返してみます~

?

昨日は、山崎川に花見に行ってきました。

日本百選の名所で、毎年必ず散策しています。

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

?

曇り空だったのが残念でしたが、美しい桜を見ながら散歩をして心が和みました。

毎年この景色を見ると、日本に生まれて良かったと思います。(単純ですいません。。)

 

f:id:cash-flow-life:20210403182533j:plainf:id:cash-flow-life:20210403182556j:plainf:id:cash-flow-life:20210403182622j:plainf:id:cash-flow-life:20210403182647j:plain

 

 

さて本日は、昨日のブログでも少し触れましたが、サラリーマン生活20周年を記念して、振り返りをしてみたいと思います。

私が書く内容はいつも悲痛なものばかりなので、今回は良かったと思っていることを中心に思い返したいと思います。

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

?



深く考えだすと沢山あるのですが、ざっくりまとめると以下のことに要約できそうです。

 

【サラリーマン生活を続けて良かったこと】

①自分の成長につながった

②仕事を通じて自分という人間を理解できた

③お金のありがたみが分かった

④心身の健康の大切さが分かった

⑤日本社会への理解が深まった

⑥社外でも楽しい思い出が出来た(主に20代)

⑦全国(たまに海外)に出張できた

⑧投資資金を稼ぐことが出きた

 

 

現在の会社では、会社の人と全くプライベートの付き合いをしていないのですが、20代の前職の頃はよく飲みにいったり、ゴルフやバーベキューをしたり、先輩の家に泊まったり、休日もよく遊んでいました。

その頃お世話になった先輩や、同僚と現在は疎遠になってしまっています(年賀状のやりとりくらい)が、とても楽しかった思い出があり、最近はまた会いたいなと強く思っています。

今まで仕事は殆ど休んだことがなく(体調不良は20年間で5日くらい)、手を抜かず頑張ってきたので、成果もそれなりにあげてきたつもりです。

困難な業務を任せられても、大きな失敗をすることなく20年を過ごすことができました。

ただ、成果を上げても収入にあまり差がつかない会社なので、30代半ばの頃には割に合わないと思うことが多くなりました(笑)


?


人間関係の面では、一部変な人がいたものの、今まで誰かと大きく揉めることもなく、基本的には周りの人に恵まれてきたと思っています。

対応が難しい方は社内・社外ともに沢山いましたが、これは自分を大きく成長させる糧となりました。

こう振り返ってみると現在の私を形作っているのは、間違いなくこの20年間のサラリーマン生活です。

生活のうちの大半を費やしているので当たり前といえばそうなのですが、特に私が大きいと思っているのは「②仕事を通じて自分という人間が理解できた」です。

もともと大学生時代からサラリーマンは嫌だなと思っていたのですが、何をしてよいか分からず、何も努力せずに学生生活を過ごしてしまいました。

生活するためには、就職するしかないので普通に就職活動をしたものの、どこかしっくりこずに20年が経ちました(笑)

ただこの20年間で仕事を通じて様々な経験をし、人生を考え続ける中で、ぼんやりしていた自分という人間が、どういう考え・性質・気質を持っているのかはっきり分かるようになりました。


私の場合は以下のようなことです。

・自分の裁量で物事を決めたい

・苦手なことはしたくない

・調整事はあまり好きでない

・成果と報酬がリンクしていないと面白くない

・出世欲がない

・異動したい部署ややりたい仕事がない

・総合職より得意な専門性を突き詰めたい

・ストレス耐性は高くない

・不安症の気質があり何事も大変に感じがち

・納得がいかない指示に強いストレスを感じる

・環境の変化に強いストレスを感じる

・きっちりやり遂げないと気がすまない

・失敗を恐れるので大きな冒険はしない

・ストレスが少なければ毎日楽しい

 

?

 

こういったことが分かったのが、20年間の一番大きな成果だと個人的には思っています。

なぜなら、これが不動産投資に大きく舵をきり、セミリタイアを目指すことに繋がっているからです。

30歳になる前には、会社員だけを続けていても幸せになれないと確信していたので、慎重な性格の私ですが、思い切った行動に出ることができました。

また、サラリーマンを頑張って続けたおかげで、投資に必要な資金を貯められたのも大きな成果です。

長時間の労働をこなし、世の中の平均よりも多い収入を得続けたおかげで、沢山の資金を不動産購入に充てることが出来ました。

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

私がサラリーマンには向いていないと思っていたのは就職前からであり、現在も頑なにその気持ちは変わりません(笑)

私の場合は、恐らくどんな会社に勤めても、不動産投資を開始して、セミリタイアを目指すことになっていただろうと思います。

ただ、サラリーマンを続けてきたおかげで、不動産投資を始めて現在まで規模を拡大することが出来たので、20年間続けて本当に良かったと思っています。

今のところ不動産投資は天職だと思っており、株式投資と同様、おそらく死ぬまで続けると思います。

残念ながらサラリーマン生活は21年に届かず辞めることになります。

あともう少しですが、性分上最後まで手を抜かずにやり切るつもりでいます。

10年後、20年後にサラリーマン生活を振り返った時にはまた違った考えになっているのかも知れませんが、自分の選択を後悔しないように今後の行動を続けていきたいと思います。





 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

?