ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

【国内株式投資】2022年4月の運用状況~含み益増・年間配当金20万円達成~

 

国内株式の運用状況です。

この1カ月の間には、ソフトバンク(200株)とENEOS(100株)を追加購入しました。

どちらも高配当で有名な銘柄です。

ENEOSは過去一度も購入したことがなく、初めての購入となります。

購入した理由は、NISA枠の残った端数で購入できる銘柄だったからです(笑)

3月末の配当権利確定後、例年どおり含み益が大きく減ったものの、その後株価が回復し、結局先月から含み益が増えています。

 

【前回の運用状況】

 

www.bochibochiooya.jp

 


 

 

株式投資の基本スタンス】

・高配当銘柄を長期保有

・リスク分散のため複数銘柄を購入

・時期を分散して購入

・値上がりを積極的に狙わない

・日々の株価に一喜一憂しない

・テクニカルな分析は行わない(出来ない)

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

 

 

 

【4月22日時点の保有状況(全てNISA口座)】

 

三菱UFJ800株 

 時価611,920円(+256,720円)

三井住友FG:100株

 時価396,700円(-22,000円)

松井証券:600株

 時価499,800円(+1,200円)

住友商事200株 

 時価416,800円(+94,600円)

三菱商事100株 

 時価442,600円(+154,600円)

三井物産:100株 

 時価324,500円(+163,000円)

JT    :200株 

 時価442,100円(+4,700円)

武田薬品100株 

 時価378,300円(+6,400円)

ソフトバンク:300株 

 時価446,850円(+450円)

KDDI100株 

 時価427,000円(+94,500円)

ENEOS:100株

 時価45,520円(-1,880円)

 

合計:    

  時価 4,427,590円(+752,290円)

 

 

 

 

 


保有している11銘柄のうち、9銘柄が含み益の状態になっています。

相変わらず、総合商社株と安い時期に仕込んだ三菱UFJの株価が堅調で、全体の含み益を押し上げてくれています。


3月に追加購入したことにより、年間の配当金は20万円(NISAなので非課税)を超えるようになりました。

取得金額は367万円ほどなので、5.5%の配当利回りです。

高配当&キャピタル上昇も実現できているので、非常にありがたい状態になっています。

 

今後、大きく株価が下がる時が来ても、これだけ含み益があれば、かなりの下げにも耐えられそうです。

 

 

 

 

 

不動産投資の家賃収入もありがたくて好きですが、完全な不労所得の配当金も大好きです(笑)

今年のNISA枠を使い切ったので、国内株式については年内は追加購入しない予定です。(米国高配当ETFは継続して購入する予定です)

不動産購入のために一部売却する可能性はあるものの、出来ればこのまま保有して配当金を受け取り続けたいと思います。

たった20万円の配当金ですが、全くのほったらかし・手間なしで入る収入です。

20万円あれば、家族で旅行に行ったり、贅沢なご馳走を食べたりできますので、決して小さくない金額です。

これから何十年も配当金を得られれば、とても大きな金額となります。(ずっと同額を得られる保証は、当然ありませんが。。。)

生涯配当金を得続けたいと考えていますので、引き続きコツコツと資産を増やしていこうと思います!!

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村