ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

【国内株式投資】2022年5月の運用状況~増配で三井物産と三菱UFJは配当利回り7%超えに~

 

国内株式の運用状況です。

今年のNISA枠は使い切ったので、3月末以降はずっとほったらかしの状態です。

この1カ月の間には、保有銘柄の増配が多数あり喜んでいます。


三井物産三菱商事三菱UFJ、三井住友FG、KDDIは増配となりました。

残念ながら住友商事が減配となりましたが、増配額のほうが多いので、全く問題ありません。

 

 

【前回の運用状況】

 

www.bochibochiooya.jp

 


 

 

株式投資の基本スタンス】

・高配当銘柄を長期保有

・リスク分散のため複数銘柄を購入

・時期を分散して購入

・値上がりを積極的に狙わない

・日々の株価に一喜一憂しない

・テクニカルな分析は行わない(出来ない)

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

 

 

 

【5月20日時点の保有状況(全てNISA口座)】

 

三菱UFJ800株 

 時価580,640円(+225,440円)

三井住友FG:100株

 時価389,600円(-29,100円)

松井証券:600株

 時価483,600円(-15,000円)

住友商事200株 

 時価369,800円(+47,600円)

三菱商事100株 

 時価435,600円(+147,600円)

三井物産:100株 

 時価312,400円(+150,900円)

JT    :200株 

 時価453,600円(+16,200円)

武田薬品100株 

 時価372,900円(+5,500円)

ソフトバンク:300株 

 時価446,850円(+450円)

KDDI100株 

 時価452,600円(+120,100円)

ENEOS:100株

 時価51,530円(+4,130円)

 

合計:    

  時価 4,349,120円(+673,820円)

 

 

 

 

 


保有している11銘柄のうち、9銘柄が含み益の状態になっており、特に三井物産三菱UFJの値上がりが大きくなっています。

しかも、今回の増配により両銘柄の購入金額に対する配当利回りは、なんと7%を超えました。

三井物産が7.4%、三菱UFJが7.2%です。

 

NISA口座で課税されませんので、この利回りの配当金をまるまるいただけます。

保有額が対したことないので、得られる配当金も大したことないものの、日本を代表する超優良企業の配当が7%超えになるとは、何ともありがたいかぎりです。

今のところポートフォリオ全体では、5.6%の配当利回りです。

高配当&キャピタル上昇も実現できているので、非常にありがたい状態になっています。

 

 

 

 

米国高配当ETFは、まだ購入する予定ですが、国内株式については年内は追加購入しない予定です。

出来ればずっと保有し続けて、配当金を得続けたいです。

しかし、良い物件があり、資金が足らなければ一部売却するかもしれません。

売却するのはもったいないのですが、含み益がかなり出ている銘柄もあるので、利益を一部確定するのもいいかもと思っています。

2017年くらいから、株式売却→不動産購入→不動産のCFの一部で株式購入→配当金と株式売却で利益確定→不動産購入→また不動産CFの一部で株式購入のサイクルを繰り返しています。

アベノミクス以降は、毎年配当金や売却益で利益を上げ続けられているので、このよい循環を続けていこうと思います!!


 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村