ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

米国高配当ETFの運用状況(2022年5月)~QYLDとXYLD追加購入で税引き後分配金20万円超えに・含み益は大幅減~

 

2022年5月時点の米国高配当ETFの運用状況です。

この1カ月の間には、VYM・HDV・SPYDの定期購入(月8万円程度)の他、QYLDとXYLDを合計60万円ほど購入しました。

株価が全体的に低調なため、含み益が先月から大きく減っています。

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2022年5月20日時点の運用状況】

 

VYM :473,325円(+41,075円)
     

HDV :495,170円(+74,480円)
     

SPYD:495,817円(+68,026円) 

QYLD:1,062,787円(-114,872円)


XYLD:420,430円(-36,020円)
        

合計  :2,947,529円(+32,689円)

分配金累計:58,161円

 

 

 

 

先月は、5銘柄全て含み益の状態だったのですが、QYLDとXYLDが値下がりし、全体ではギリギリ含み益になっています。


年初来では、S&P500が17%、ナスダック27%の暴落となっている割には、よく耐えているのではないでしょうか。


これは、もともと株価の値上がりではなく、分配金狙いの高配当ETFばかりを購入していたおかげです。(もちろん円安のおかげでもあります)

QYLDとXYLDとも、株価が下がったので追加で購入したものの、しばらくは低調な感じが続くかもしれません。

 

昨年、5月から始めた米国高配当ETF投資ですが、あっという間に1年が経ちました。

 

www.bochibochiooya.jp

 

1年間で300万円くらいの金額を投入できたのは、サラリーマンの他に不動産投資をやっているおかげなので、本当にありがたい限りです。

 

 

 

 

とりあえず、現在のポートフォリオで年間の税引き後分配金が20万円を超えました。

国内株式の配当金と合わせると年間40万円以上の不労所得を得られる状態になりました。

 

www.bochibochiooya.jp 

 


引き続き年間50万円以上の不労所得を目指し、VYM・HDV・SPYDの定期買付を続けながら、超高配当ETFのXYLDを数十万円単位で追加購入していく予定です。

 


米国株は、今後さらに暴落すると噂されています。

あと数年は低迷するかもしれませんが、リーマンショック以来、10年に1回のチャンス到来の気がします。

せっかくの機会なので、値上がりを期待してVT(全世界株式)やVTI(全米国株式)、QQQ(ナスダック100指数連動)などの高配当でないETFの購入も検討しています。

 

毎回言っていてクドイですが、楽しみながら完全な不労所得の配当金・分配金をいただけるなんて本当に素晴らしいと思います。

引き続きコツコツ買い増していきます!!

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村