ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

米国高配当ETFの運用状況(2022年6月)~株価暴落中でも何とかギリギリ含み益~

 

日曜日は父の日でしたので、恒例の食事会です。


父は焼肉が大好きなため、昇家で焼肉弁当をテイクアウトしました。

コロナは大分落ち着いてきたものの、両親との食事は念のためまだテイクアウトを続けています。

 

 

テイクアウトは初めて利用しましたが、炭火で香ばしく焼かれたお肉はやはり美味しかったです。

一緒に頼んだお気に入りのテールスープも、お店と全く同じ味でした(当たり前ですが)

 

 

今年も無事に父の日を迎えられて良かったです。

健康に親子で食事が出来ることは当たり前ではないので、感謝しかありません。

そういえば、子供から「パパ、いつもありがとう!!」と言われ、ふと自分も父親なので、父の日の対象なのだと、ふいに気づかされました(笑)




 

 

 

 

 

 

 

 

さて、2022年6月時点の米国高配当ETFの運用状況です。

この1カ月の間には、VYM・HDV・SPYDの定期購入(月8万円程度)の他、XYLDを13万円ほど購入しました。

国内株式と同様、一時含み益が20数万円増えたのですが、その後暴落し、結局先月と同じくらいの含み益です(泣)

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2022年6月20日時点の運用状況】

 

VYM :496,164円(+35,514円)
     

HDV :512,071円(+63,376円)
     

SPYD:496,090円(+45,600円) 

QYLD:1,145,565円(-75,957円)


XYLD:543,092円(-25,008円)
        

合計  :3,192,982円(+43,525円)

分配金累計:74,993円

 

 

 

 

VYM・HDV・SPYDの株価はずっと持ちこたえていたのですが、ついに下落しました。

 

S&P500とナスダックの暴落の割には、分配金狙いの高配当ETFばかりを購入していたおかげで、まだ大きな含み損にはなっていません。


株価は下がっているものの、円安が進行していることで、何とか含み益の状態という感じです。


米国株の分配金が、毎月少しづつ積み上がってますので、もう少し下がっても、トータルではまだ何とか持ちこたえられるかなといった状況です。

とりあえず、現在のポートフォリオで年間の税引き後分配金が20数万円を超え、国内株式の配当金と合わせると年間40数万円以上の不労所得を得られる状態になりました。



 

 

 

 

もともと分配金狙いで、あまり値上がりは期待していません。(VYMはちょっと期待(笑))

 

引き続き年間50万円以上の不労所得を目指し、VYM・HDV・SPYDの定期買付を続けながら、超高配当ETFのXYLDなど(最近はJEPIにも興味があります)を数十万円単位で追加購入していく予定です。

 

米国株は、今後さらに暴落すると噂されています。

今まで高配当ETF一辺倒でしたが、値上がりを期待してVT(全世界株式)の購入も検討中です。

アメリカ一辺倒も怖いですし、配当利回りも2%を超えているので、VTがいいかもと思っています。

ETFは魅力的な銘柄が一杯あり、調べるだけでも楽しいのですが、つぎこめる資金が限られているので、最近はもう調べるのを自粛しています(笑)

とりあえず、楽しみながら完全な不労所得の配当金・分配金をいただけるなんて本当に素晴らしいと思います。

引き続きコツコツ買い増していきます!!

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村