ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等で40代半ばでのセミリタイアを実現し、5つの自由(時間的自由、経済的自由、行動の自由、居場所の自由、付き合う相手の自由)を得ることが目標です。

【不動産投資】固定資産税・都市計画税を支払いました

 

 

 2018年分の固定資産税・都市計画税の支払いをしました。支払は一括払いか、年4回の分納かいずれかを選べますが、いつも一括で支払をしています。

※固定資産税・都市計画税とは毎年1月1日時点の土地・建物所有者にかかる税金です。固定資産税評価額を課税標準として、課税庁である市区町村が税額を計算します。固定資産税評価額は公示価格の70%の水準になるように調整されていますが、3年に一回見直すことになっています。

  

【支払った固定資産税・都市計画税

 1号物件:105,700円
 2号物件:  51,400円
 3号物件:124,100円
 4号物件:  54,100円
   合計:335,300円

 

 

<所有物件の概要>

 【1号物件】
 平成2年築
 木造アパート(1K・10室)
 土地:45坪・建物面積:150㎡
 購入金額:3,000万円

 
 【2号物件】
 平成9年築
 木造アパート(1DKメゾネット・2室)
 土地:18坪・建物面積:60㎡
 購入金額:860万円


 【3号物件(自宅)】
 平成8年築
 重量鉄骨戸建(1F元診療所、2・3F住居)
 土地:18坪・建物面積:121㎡
 購入金額:1,540万円

 

 【4号物件】
 平成2年築 木造アパ―ト(1K6室、2K1室)
 土地:40坪・建物面積:120㎡
 購入金額:2,100万円

 

 <所有物件の詳細はこちら>

www.bochibochiooya.jp

 



 固定資産税・都市計画税は不動産を「持っていること」に対する税金のため、不動産投資が赤字でもかかってきます。毎年必ずかかる費用ですので、あらかじめ収支計画に含んでおく必要があります。

 ちなみに満室家賃収入に対する固定資産税・都市計画税の比率は以下のとおりです。

 

【満室家賃収入に対する比率】
 1号物件:約2.3%
 2号物件:約3.8%
 4号物件:約2.0%
 

 自宅として利用している3号物件以外は全て築古の木造物件であり、建物に対する税金が安いため、割と低い割合だと思います。

 当然、空き室期間が長くなり家賃収入が減れば、その分割合が高くなっていきますし、もともと利回りの低い物件や大規模なRC構造の物件などはもっと比率が高くなります。 

 なお、固定資産税・都市計画税は経費に計上することができる支出です。

 

<不動産投資の経費や参考書籍について>

www.bochibochiooya.jp

 

www.bochibochiooya.jp

 

 
 これから投資用不動産や自宅を購入しようとされている方は、ご参考にしていただければと思います。

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング


サラリーマン投資家ランキング

?