ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等で40代半ばでのセミリタイアを実現し、5つの自由(時間的自由、経済的自由、行動の自由、居場所の自由、付き合う相手の自由)を得ることが目標です。

築16年・利回り15.8%で購入した2号物件の5年間のキャッシュフロー・入居率を公開!

 

 

 1号物件に引き続き、2号物件の今までのキャッシュフロー(5年間分)と入居率を公開します。
 

 <2号物件の詳細はこちら> 

www.bochibochiooya.jp

 

 <1号物件の今までのキャッシュフローはこちら> www.bochibochiooya.jp

 

 

 現金購入で借り入れがなく、かつ15.8%の表面利回りで購入しているため、かなり手残りが多くなっています。

 もともと購入時に大幅な値下げ(1300万円→860万円)に成功し、ほぼ土地値で購入しているため、損をする可能性がかなり低い状態ですので、安心して運営が出来ています。

 この物件の運営で自信がつき、さらに規模を拡大しようと強く思うようになりました。

 

 

【2号物件のキャッシュフロー概算】
   家賃収入 管理費 固都税 修繕費   手残り 
2013年:   99万  5万  6万    9万   79   
2014年: 136万  6万  6万    0万    124万  
2015年: 136万  6万  6万    8万    116万  
2016年: 136万  6万  6万    0万    124万   
2017年: 121万  6万     6万    44万      65
 累計:  628万   29万 30万 61万   508

 1号物件と同様、エアコン、給湯機などの設備故障、退去に伴う修繕費はおおよそ家賃収入の10%程度かかっています。2017年は給湯器の故障と退去に伴う修繕があっため、修繕費の金額が大きくなっています。
 
 大規模修繕は建築後から一度も行われていないため、近年中に外壁・屋根塗装を行おうと考えています。2部屋しかなく普通の戸建より小さいくらいの物件ですので、おそらく70~80万円の予算でできると思います。
 
 木造の小規模の築古物件は固都税が安く、エレベーターや共有部分も少ないため、ランニングコストが低いところが気に入っています。


 
【2号物件の入居率】

    入居率  
2013年:70.8%      
2014年:100%     
2015年:100%      
2016年:100%     
2017年:87.5%      
    平均:91.7%

 入居率は5年間平均で91.7%です。購入半年後から4年間満室でしたが、2室しかありませんので、退去があると入居率に大きな影響がでます。現在1部屋空いていますので、繁忙期中に入居付けをなんとかしたいと思います。

 ちょっとした高級車2台分ほどの狭小地・小規模の安価な物件ですが、満室で月11万円を超える家賃が入ります。

 普通のサラリーマンが月給を10万円も増やすためには、10年前後かかります。その10年間で必要な努力・苦労を考えると、不動産から得られるキャッシュフローは本当にありがたいものだと常々感じています。
 

 

f:id:cash-flow-life:20171218204504j:plain

2号物件2階洋室

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング


サラリーマン投資家ランキング