ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等で40代半ばでのセミリタイアを実現し、5つの自由(時間的自由、経済的自由、行動の自由、居場所の自由、付き合う相手の自由)を得ることが目標です。

【株式投資】2018年8月末の運用状況~含み益が微増しました~

 

 
 

 

 2018年8月末時点の保有している株式の運用状況について報告します。
 

<先月の運用状況はこちら>  

  

www.bochibochiooya.jp

 

 

 先月は含み益が20万円増えたことをご報告しました。

 この1カ月も何も売買していません。保有してる殆どの銘柄の株価が先月より下がっているのですが、松井証券の株価上昇が他のマイナスをカバーし、全体としては若干含み益がふえて、90万円を越える状態になっています。

  

株式投資の基本スタンス】
・利回り3~4%の高配当株を長期保有
・リスク分散のため複数銘柄を購入
・時期を分散して購入
・値上がりを積極的に狙わない
・日々の株価に一喜一憂しない
・テクニカルな分析は行わない(出来ない)

 

<昨年までの成果はこちら>

www.bochibochiooya.jp

 

www.bochibochiooya.jp

 

【2018年8月末の保有状況】

      保有数  取得価格  現価格  損益
三菱UFJ:500     503    670.8 + 83,900
みずほFG:4,000    197    195.1 -7,600
三井物産 :600   1,499  1,852.5 +212,100
住友商事  : 200  1,215  1,803.5 +117,700
松井証券  :1,900    968  1,175  +393,300
コメダHD : 100   1,787   2,146  +35,900
KDDI   : 200   2,808  2,941 +26,600
NTTドコモ: 100   2,646  2,885 +23,900
SBIHD   :   20   1,320   3,065 +34,900
JT    :  100   2,979  2,922  -5,700    
     

合計                                      +915,000

 

 

<購入時金額合計>
 5,350,300円

時価:2018年8月31日時点>   

   6,265,300円

 

 ドコモ、KDDIについては、菅官房長官の発言により、株価が一瞬大きく下がりましたが、限定的で良かったです。


 この間、値下がりをずっと待っている松井証券については、1,029円(5月末)→1,059円(6月末)→1,112円(7月末)→1,175円(8月末)と長期間に渡り上昇を続けています。

 まだまだ上昇しそうな気配ですので、5~6月くらいの価格で購入しておけばよかったと後悔です。。。


 9月末の配当権利獲得に向けて、松井証券、商社株などはまだ上昇しそうな気がしますので、追加購入するタイミングはもう少し先になりそうです。

 引き続きタイミングを見はかりたいと思います。


  

応援クリックよろしくお願いいたします!

不動産ランキング


サラリーマン投資家ランキング