ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

【株式投資】2018年に受け取った配当金

 

 

 

 

 2018年1年間で、保有している10銘柄から受け取った配当金をご報告します。

 
<今までの株式投資の経歴>

www.bochibochiooya.jp

  

www.bochibochiooya.jp

 

 


 以前ご報告したとおり、上半期に受け取った配当金は以下のとおりでした。

 

【2018年上半期の配当金:合計119,716円(税引き後)】

三菱UFJFG:  5,000円   
みずほFG  :15,000円
三井物産   :24,000円
住友商事   :6,800円
松井証券   :51,300円
コメダHD : 2,500円
KDDI   : 9,000円
NTTドコモ: 5,000円
SBIHD    : 1,116円
JT      :        0円

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 2018年下半期に受け取った配当金は以下のとおりでした。

 

【2018年下半期の配当金:合計113,819円(税引き後)】
三菱UFJFG:5,500円
みずほFG   :15,000円
三井物産    :24,000円
住友商事    :7,400円
松井証券    :36,100円
SBI証券     :319円
コメダ HD :2,500円
KDDI          :10,000円
NTTドコモ:5,500円
JT              :7,500円

 

 

 

 

 

 

 

 2018年1年間の合計は、233,535円(税引き後)となりました。

 

【2018年の配当金合計:233,535円(税引き後)】

三菱UFJFG:10,500円
みずほFG   :30,000円
三井物産    :48,000円
住友商事    :14,200円
松井証券    :87,400円
コメダ     : 5,000円
KDDI    :19,000円
NTTドコモ: 10,500円
SBIHD    : 1,435円
JT      : 7,500円

 

 購入金額の合計は5,350,300円ですので、配当利回り(税引き後)は約4.4%となりました。

    業績向上により増配した会社がいくつかあったこと、全てNISA口座で保有していることもあり、なかなかの高利回りになったと思います。

 
 来年3月には松井証券の100周年記念配当が予定されており、このまま全銘柄を保有し続けたとすると、2019年の配当金は32~33万円、配当利回りは約6%くらいになる予定です。


 家賃収入と比較すると小さい金額ですが、長年の蓄積で結構な金額を得ています。

 株の配当金は、不動産と違い本当の意味での不労所得です。完全にほったらかしで、各企業のあげた利益の恩恵にあずかることが出来るので、毎年ありがたくいただいています。

 年間数十万円の配当金でも、30~40年継続して得続けられれば、何も投資活動を行っていない人と比べると大きな差がつきます。

 

www.bochibochiooya.jp

 



 株式投資も不動産投資と同様、生涯続けられるものだと思いますので、これからも継続していきたいと思います。

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村