ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

【株式投資】税引き後配当金50万円をどうやって達成するか

 

昨日は、一日中確定申告の準備をしていました。

休日にパソコンの前にずっといることになったので、結構疲れてしまいました。

しかも、今回は過去最高の納税額になる(4号物件の減価償却切れのため)ので、ゲンナリしてより疲れが溜まってしまいました。

寝つきが悪くなりそうだったのですが、それだけ利益があるということなので、しょうがないと懸命に自己暗示しながら眠りについた次第です(笑)

 

さて、今のところ株式投資で税引き後年間配当50万円以上を、年内の出来るだけ早いうちに達成するのを目標にしています。

 

以前綴った目標では、5年以内に60万円・10年以内に120万円としていましたが、少しペースを速めようと思います。

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

現在の年間の配当金・分配金の税引き後見込み額は、年初の20万円から増えて25万円くらいになっています。


ちなみに保有額は、国内株式が300万円、米国ETFが190万円の合計490万円程度です。

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

あと、25万円増やす必要があるのですが、今のところ以下の方法で達成しようと考えています。

 

①NISA枠で国内高配当銘柄を購入
 120万円の購入で配当金6万円増

②米国高配当ETFの購入
 400万円の購入で分配金20万円増


国内株式については、5%の配当利回りが欲しいので、現在保有しているJT武田薬品松井証券の追加購入、以前持っていた三井住友FGなどを想定しています。

あと2カ月くらいの間で様子を見て、どこかの下がったタイミングで購入すつもりです。


 

 


米国高配当ETFについては、VYMやHDV、SPYDだけだと5%の利回りは厳しいので、やはりQYLDを組み入れる必要があります。

ただ、NASDAQが長期低迷する可能性も想定しておくと、あまりQYLDに偏ったポートフォリオにするのは危険なので、S&P500版のXYLDも組み入れようと思案中です。

400万円のうち200万円をVYM・HDV・SPYD、残り200万円をQYLDとXYLDで半々づつくらいかなと考えています。(他に良い銘柄があるかもしれないので引き続き調査を続けますが)




米国ETFについては、高配当以外の銘柄も購入したいところです。

ですが、そこまで資金に余裕がないのと、株価低迷時でも高配当ETFからの分配金はそれほど減らない(QYLDとXYLDは大幅に減る可能性がありそうですが)可能性が高いので、とりあえず今までどおり分配金重視でいこうと思います。


とりあえず、半年以内には50万円以上を達成するつもりで購入を続けます。


 

 


良い不動産があれば、一部売却する可能性はありますが、基本的には長期間保有しつづけて、配当金・分配金を得続けるのが目的です。

一時的に株価が暴落する可能性は大いにあるものの、コツコツ買い続けてこれから死ぬまで、出来れば長生きして40~50年以上利益を得続けたいと思います。

まあ、今のところこのように考えているだけで、不動産で良い物件があれば、急に方向転換するかもしれません(笑)

どのように手残りを増やすべきか、色々考えるのが楽しいので、不動産も株も最高の趣味だと思っています。

しかも、考えるだけだとお金がからないので、非常にコスパの良い趣味です(笑)


どのように考えて行動し、どのような結果になったのかブログで記録していくことは、自分にとっても、読者の方にとっても役立つことだと思いますので、引き続き日々考えていることを綴っていこうと思います!!

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村