ロスジェネ世代の中間管理職が中古不動産でセミリタイアを目指すブログ

不動産・株式等によるキャッシュフローで40代半ばでのセミリタイアを実現し、 5つの自由(時間・経済・行動・居場所・付き合う相手)を得ることが目標です

サラリーマンを20年以上続けて思うこと~やはり長く続けたいとは全く思いません~

 

大学を卒業してから、全く空白期間なくサラリーマンを続けています。

サラリーマンは向かないと思い続けながら、かれこれ20年以上も経ちました(笑)

暑い日も寒い日も殆ど休むことなく(体調不良の休みは20年間で5日くらい)、強いストレスに耐えながらよく頑張ってきたと思います。

サラリーマンの良いところも、悪いところも十分に味わってきましたので、本ブログでも、いろいろと雑感を綴ってきたとおりです。

 

 

www.bochibochiooya.jp

 

www.bochibochiooya.jp

 

www.bochibochiooya.jp

 

 

 

 

最近は、もっぱら引継ぎや後輩の指導、業務の整理等、最後の総仕上げ的な働き方をしています。

以前より各段にストレスがなくて快適ですし、落ち着いて冷静に周りを見渡しながら働けるようになっています。

このような状態になった今、あらためてサラリーマン生活について思うところを綴ってみたいと思います。

 

ストレスが少なくなったので、もうちょっと長く続けてみようとか、もう少しじっくり考えてみようとか思う可能性もあるかもと思ったのですが、全然そんなことはありません(笑)

 

やはりどれだけストレスが少なくなっても、長く続けたいとは思わないです。

恐らく、今の仕事内容レベルで、私がいただいている給料を聞いたら、殆どの方が絶対に辞めないほうがいいと言うと思います。(時給換算すると6000円くらいいただいていると思います)


長年の激務をこなして得た待遇ですが、一度退職してしまうと二度と同じ待遇は不可能です。(私は専門職ではなく特に何も技能はないので(泣))


それは十分認識しているのですが、もともとやりたいことを仕事にしていない(待遇や福利厚生的な面を優先して会社を選択)ので、今後の目標ややりたい仕事が社内には全くありません。

また、我が社では仕事のせいで病気・休職・退職に追い込まれる方が結構おり、私自身も度々ブログに綴ってきたとおり、大きなストレスを抱えて仕事をしてきましたので、普通に続けていたらとても心身ともに健康に過ごせる自信がありません。

 

www.bochibochiooya.jp

 



それに加えて、長年に渡り会社の全体的な方針と意見が合わないところがあり、今後の計画や目標を見る度に憤りや不快な気分になってばかりの状態が続いていました。

唯一の救いは周りの人に恵まれていることで、チームでの一体感や達成感などを感じなかったわけではないのですが、それも一時的なものだと冷めてしまっている状態です。

 

 

 


そのため、このまま会社に居続けても、残念ながら自分自身が満足・納得いく状態になる可能性は100%ないことが分かっています。

 


当然、不動投資をやっていなければ、何も考えずに働き続けるしか選択肢がありません。(既に40代で特に専門知識もないので、同業他社に転職するのは不可能です)

全く考えの合わない上層部から無理難題を言われようが、ストレスを抱えて体調不良になろうが、長時間労働で家族と過ごす時間が少なくなろうが、生活のために理不尽なことに耐え続けるしかない人生になっていたと思います。

果たして、そのような人生を送って、死ぬ時に満足できるか、子供に胸を張って人生を語れるか、生まれ変わってもまた同じ人生を歩みたいと思えるかというと、私の場合は当然NOです。

 


結局、いつもの結論なのですが、やはり不動産投資をやっていて本当に良かったと思っています。

12年前に思い切って不動産を購入した自分を心の底から褒めたたえたいですし、もし購入していなかったらと思うと、背筋が凍る思いがします(笑)


私はすごく余裕のある状態でセミリタイアするわけではありません。(家族が普通に過ごせる+数百万円の余剰資金くらい)

 

ですので、急いで退職するより出来る限り長く続けて余剰資金を増やしたほうが良いのではと思われる方のほうが多いと思います。

 

 

 

 

しかし、私は以下のように思っているので、どうしても早く辞めたいという気持ちが強いです。


・子供がまだ小さく出来るだけ長く一緒に過ごしたい

セミリタイア出来る状態なのに辞めなかったら後で後悔しそう

・40代の1年間は非常に貴重(後からどれだけお金を積んでも戻らない)

・いつ大病するか、いつ死ぬか分からない(私も家族も)

・会社に残ってもお金以外特に得られるものがない

・若く元気なうちにセミリタイアしないと価値が薄れる

 


ストレスが少なく落ち着いた気持ちで仕事が出来る状態になっても、全く気持ちがゆらぐことがないので、ある意味非常に安心しています。

このように強い気持ちは変わりませんし、迷いもないので会社を退職した後に後悔する可能性は極めて低いと考えています。

例え、生活が厳しくなったり、生活に物足りなさを感じたり、また人と一緒に仕事をしたくなれば、その時は何かしらの仕事をしてお金を稼げばいいだけです。(給料は激減するでしょうが)

 

一度きりの人生を後悔しないためには、自由な時間・ストレスの少ない生活、全ての行動を自己決定できる生活を出来るだけ早く手に入れる必要があります。


今のところ、どのようなことが起きても、自分の責任だと受けいれて何とかやっていけそうだと思っていますので、予定どおり遠くない日に会社を退職するつもりです。(身バレが怖いので詳細な退職日は記しません(笑))

サラリーマン生活も段々少なくなってきましたが、最後まで周りの方への感謝を忘れずに日々を過ごしたいと思います!! 

 

 

 

 

応援クリックよろしくお願いいたします!


不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村